今日はなんとかなる!

新宿占いサロンド・ミネのメンバーによるビタミン&ミネラル的ブログです

おっちょこちょいが治らない

mine220722.jpg

わたしはおっちょこちょいです。 最近も失敗をやらかしました。

父が「はっきりものが見えなくなった」と言うので眼科に付き添いました。
評判の眼科は駅近くの雑居ビルの中。
駅の近くは、一方通行の道で細い路地が入り組んでおり、ビルを見つけるのに思いのほか時間がかかりました。
外は大雨。車の中で、父がトイレに行きたいと言い出します。

病院の近くの駐車場に車を止め、病院のビルにたどり着くとまず、トイレを探しました。
2階フロアーの入り組んだ廊下の角にトイレをみつけましたが、なんとカードロック式。
カードキーを持った人しか使えない。
椅子が待合室から溢れて並べられている病院の受付に人をかき分け飛び込み、
「トイレに入りたいのですが鍵をおかりできますか?」と叫びました。
「受付番号を教えてください」
「いいえ、まだ受付していません」
「では診察券をお見せください」
「診察券もありません。今日初めて伺いました。トイレ行きたがっているのは年寄りで、がまんできないみたいなんですが!申し訳ありません!!」
トイレキーをお借りし、父もわたしも落ち着いたところで、渡された初診表に必要事項を書き込む余裕がやっとできました。

わたしが代筆します。 父の名、生年月日、住所を書き込んでいきます。
現在の症状欄のところで手が止まりました。
ん?症状の選択肢に丸をつけるようになっているのですが、「痛い」と「かゆい」の二択しかない?

がーん。
用紙のいちばん下に病院名が印刷されています。
そこは眼科でなく皮膚科でした。

平謝りして保険証を返していただき、皮膚科を出ると、眼科は廊下の曲がり角の先にありました。
診察に呼ばれる前に間違いに気がついて、ほんとうによかったです。

南田

関連記事
My profile

Author : サロンド・ミネ

新宿で占い37年サロンド・ミネの鑑定士たちがリレーするブログです。サロンド・ミネはJR新宿新南口から徒歩2分、東京メトロ副都心線新宿3丁目駅E6出口に直結、親身・正直・丁寧、しかもお財布に優しい占いサロン。だれにも話せないことをどうぞお話に来てください。

検索フォーム

QRコード

QR