今日はなんとかなる!

新宿占いサロンド・ミネのメンバーによるビタミン&ミネラル的ブログです

継続は力なり

mine231227.jpg

 昨夜撮った今年最後の満月の写真です。

 「仕事がうまくいくように」「この人に好かれますように」「生活が楽になるように」「自分らしく生きれますように」「結婚相手がみつかりますように」などなど、願いながら日々生活している私たちです。
 それがいつまでも実現しないのは、その願いがそんなに重要でないか、もしくは誰かがなんとかしてくれると、自分以外の力に寄りかかりすぎていたためではないでしょうか?

 言い過ぎかもしれないけど、あえて言いきりたいと思います。人生が画期的に変わる都合良い魔法なんてない。あったとしても、それは自分個人限定の、しかもいっときだけの幸せを満たすもので、いつまでも続く解決策ではないはずです。
 自分自身が心の底からこうしたいと願い、ほんとうに良い方向に動き続ければ、物事必ずなんとか変わるものだと思います。そしてほんとうのピンチのときには、神様仏様が手をかしてくださる。
 毎日の暮らし方を地道に整え、体に染みるまで繰り返す。それしかないのだわ。般若心経が空でいえるようになったように。
 できるないことができるようになれたおかげで、改めて気付かされました。

 来年は無心に返り、ふたたび毎日の生活を試行錯誤していこうと決めてます。なんとかなる!と信じて!笑。

南田

今年できるようになったこと

mine231222.jpg  

 皆さま、メリークリスマス!写真は昨年末のサロンドミネの店頭の様子です。店頭にいつもお花を飾るのは峰先生のこだわりで、働いている私たち鑑定士が毎朝リレーで花のお世話していました。

 さて、今回は南田が書きます。どうでもいいことなんですが、わたしは今年、般若心経ソラで言えるようになりました!
 毎朝仏壇お世話するときにお線香とお経をあげることにしていたのですが、今月初めて、般若心経を目つむって一回もつっかえることなく言えるようになりました。
「まだ覚えられるんだなあ〜自分」と我ながら感心しました😆。
 意味はよく知りません。

 遡ること2019年12月に友人に誘われて四国にお遍路しに行きました。
 そのときにたくさんのお遍路さんが祈る姿を「すてきだなあ」と感じました。
 わたしのような、にわか観光遍路には教本が渡され、札所札所でグループみんなで声を合わせて読み上げるのですが、このときに「見ないで言えるようになったらかっこいいなあ」とベテランお遍路さんに憧れたのでした。

 いつもできるか?と問われると、できたのは今までで一度きり。だいたいは一度か二度、間違えます。
 面白いことに、「できるだろうか?」とか「このあとなんだっけ?」とちょっとでも思うと、必ずそこで間違えます。
 全部言えた日は、なんにも考えないようにして、口が動くだけに任せたら、全部言えました。

 一回つっかえると、目開けて経本追うのだけど、目が泳ぎ、どこ言ってるのかわからなくなります。
 迷子になるともう一回最初から始めなければならない日もありました。
 きっと、脳みそのいつも言葉を言うときに考えるのとは違う部分に記憶されたのかと思います。毎日毎日言ううちに。

南田

南田の2023年3大ニュース!

mine231201.jpg
 

皆さまこんにちは!
 写真は今朝の散歩(7時ごろ)のときの千葉市の空です。今の季節、5時台だとまだ薄暗く、6時を過ぎてやっと朝らしくなります。今朝は手が冷たかったので、手袋をしてでかけましたよ。

 さて、とうとう12月になりました。1年の締めくくりの月ですね。このブログ『今日はなんとかなる!』も、締めくくりのひと月にしたいと思います。
 今月は峰と南田が変わりばんこに、心にうつりゆくよしなしごとを書きつくってまいります。今日は南田がお送りします。
 私の最初の話題は2023年心に残ったできごと、です。

南田2023年ニュース! 
  1. 第一位!サロンド・ミネの閉店 
  2. 第二位!南田、還暦を超えるY( ̄∀ ̄) Y 
  3. 第三位!南田の叔父、介護認定を受ける(自分の父母、叔父、3人のケアラーになりました(´╹‸╹`) )

 今年の2月8日に、南新宿の占い店、サロンド・ミネが閉店しました。「お店を閉じる」ということをお手伝いさせていただいたのは、「一つのことをきちんとおしまいにする」ことがどれだけ大切なことかを学べた、ものすごく貴重な経験でした。

 3月から、毎週土曜日欠かさずに通っていた仕事が一つなくなってしまい、ぽっかり一日が空いてしまいました。
 今は、この空白時間を、コロナ禍の間長い間会えなかった友に会ったり、出かけて買い物や好きなことをする時間に使っています。

 もうずっと占いという仕事をしてきたので、なんでもまず先に占うことが当たり前になっていたのですが、占いの店で占う仕事がなくなった今、「占いが人にとって実はなんなのか?」を考え直す(というより、じんわりと感じる)よい機会になっています。

 他の占いコーナーで仕事を再開する気になれずにいます。サロンド・ミネは場所もムードもお客様も、そして(自分で言うのもなんですが笑)仕事の内容も、最高のお店でした。もうこんな仕事場には今後も出会えないと思います。

南田

40年ぶりに柿が実りました

mine231019.jpg

 我が家の庭に柿の木が一本あります。40年ぶりに実がつきました!
 この木はかつて、100個ほど実っていたのですが、あるとき枯れそうになったことがあります。
 葉が出なくなった枝を摘まれツンツルテンになってしまいました。数本の枝は生き残りましたがそれ以来、実がなることはありませんでした。

 その後40数年が過ぎ、いまや幹だけは太く、脇からヒョロヒョロの枝が数本伸びる不思議な形の木となりました。
 昨日、庭の手入れに来てくださった植木屋さんが「柿の木、実がなってますよ〜」と教えてくれました。 
枝の1本だけから固まって、数えると10個実がなっていました。

 私も含めて家族はまったく気がついていませんでした。
 思いもよらない柿の木からのプレゼントに、嬉しくなりました。

南田

真っ赤なぽんぽん

mine230823.jpg

 このケイトウの花、すごく鮮やかですが、写真の画像修正は一切していません。本当に真っ赤っか。草が茂ってジャングルみたいな庭で紅一点、燃えています。

 驚くことなかれ、うちの家族のだれも撒いてないのです。植えてもいない。あるとき、どこからか種が運ばれてきたのか、自然に庭に生えてました。それが増えて、何年かかかってこんなにぽんぽんの大きな花を咲かせるようになりました。植物って不思議ですね。

 家の敷地の別の方角には百合が咲いていて、それも植えた覚えないです。隣の家の方が「植えてないのに生えてきたのよね」とおっしゃっていたお隣の玄関脇の百合を「いいわね〜」と褒めたら、「あら、お宅にも生えてますよ」と教えてくださった。

 隣家との境にうわっている木の影にそーっと、我が家にも隣のお宅と同じ百合が咲いてました。(うちからは見えない場所で、隣のお家の方は知ってらした笑)

 2軒向こうのお宅の車庫の脇に生えていた百合と似ているので、どうもそこから隣の家と我が家にジャンプしてきたらしいです。植物ってたくましいですね。

南田

My profile

Author : サロンド・ミネ

新宿で占い37年サロンド・ミネの鑑定士たちがリレーするブログです。サロンド・ミネはJR新宿新南口から徒歩2分、東京メトロ副都心線新宿3丁目駅E6出口に直結、親身・正直・丁寧、しかもお財布に優しい占いサロン。だれにも話せないことをどうぞお話に来てください。

検索フォーム

QRコード

QR